神奈川 引越し業者 おすすめ

神奈川の引っ越し業者の選び方

神奈川 引っ越し業者

神奈川 引越し業者

神奈川 引っ越し 見積もり

神奈川 引っ越し会社

神奈川 引っ越し 相場

 

たくさんある引っ越し業者の中から、一番良い1社を見つけたい。
でも、電話帳やインターネットで調べると神奈川横浜市だけでも300件以上ヒットします。

 

こんな多くのお店の中から引っ越し業者を1社だけ選ぶのは、大変な作業です。

 

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

1回情報を入力すれば、200社以上の会社から最大で10件を選んで見積もりを取ることができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。
サービスが充実している大手の引越し業者にするのか、価格が安い地元密着の引っ越し会社にするのかは、あなた次第です。

 

良い引っ越し業者を選びたいなら、複数の引っ越し業者の見積もりを比較するのがオススメです。

 

 

引越しと繁忙期

 

引越しと繁忙期

 

日本は4月から新学期を迎えます。

 

新大学生や新社会人は3月に新生活のため、この時期一斉に引越しをするのです。
さらには春の人事異動で、新天地に移動するサラリーマンも加わって、3月は引越し業者が最も忙しい時期(繁忙期)なのです。

 

のんびりと引越しの準備していて、さて引越し業者に見積もりを依頼しようと思ったら、どこの業者も予約が一杯で断れたという方もいます。
ギリギリキャンセルが出て引越しは出来たけど、思っていたよりもはるかに費用が高かったという方もいます。

 

このようなことは避けたいものです。
繁忙期・通常期に限らず、引越しの準備は早めに行いましょう。
新居の住所がわかったらすぐに引越し業者に見積もりの手配をしましょう。

 

今は一括見積もりで複数の引越し業者から見積もりが取れますので、簡単に業者を比較することができます。
繁忙期といえど、引越費用には差がありますので少しでも安く引越しできるといいですね。

 

 

引越し準備の順番とは?

 

引越し準備

 

引越しはたくさんすることがあります。
まずはどんなことをするのかを知っておきませんか?

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

とにかく引越し業者を早く決めたいところですが、新居が決まらないと正確な引越し価格は計算できません。
4階の建物ですとエレベーターがない物件がありますが、同じ4階でもエレベーターがあるのとないのとでは引越しの金額が違うのです。
ですから物件が決まってから引越し業者に見積もりを取るのがオススメです。

 

そして引越し費用を抑えたいなら、できるだけ不用品を処分して荷物を減らしましょう。
なぜなら不用品の運送費もバッチリかかるので、引越し前に処分してくださいね。

 

市外へ引越しする場合は、転出届を市町村役場に提出します。引越し2週間前から提出可能です。
役所に行ったついでに国民年金や国民健康保険のことも聞いておくといいですよ。

 

引越しする日が決まったら電気・ガス・水道会社にその日を伝えて料金の精算方法を聞きましょう。
日割りで精算してくれます。
もしかしたらガスの元栓をガス会社の人と閉める作業があるかもしれません。
もし新居が同一市内なら、電気・ガス・水道を引越し日から使えるようにしてもらう手配もしておきましょう。

 

郵便局で転送届を出しておけば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
その間に知り合いへ引越ししたことを伝えてください。

 

引越し当日は荷物の搬送は引越し業者に任せて、家財の置き場所を指示します。
あらかじめ決めておいて紙に書いてどこかに貼りだしてくれると引越し業者も助かると思います。
貴重品や高級品、形見の品、写真などのデータなどはうっかり破損されても保険ではどうしようもありませんから自分で管理しましょう。

 

市内引越しなら市町村役場で転居届を、市外引越しなら転入届を引越し2週間以内に提出します。

 

免許証やパスポートの住所変更、各種保険、銀行カードやクレジットカード、その他大事な会員証などはそれぞれの会社に連絡して住所の変更をしてもらってください。郵便物の転送は1年間なので、わすれないうちに行ってくださいね。

 

 

引越しと挨拶

 

引越しのあいさつ時期

 

引越しの時にご近所への挨拶に行くのはちょっと面倒だったりしますね。
しかし新生活を気持ちよく始めるためにも、ご近所への挨拶はしたほうが良いです。

 

ではいったいいつ頃、挨拶に行けばいいのでしょう?

 

引越ししたらその日か遅くても翌日までにはご近所へ挨拶に行きましょう。
どうしてそんなに早く行く必要があるのかと言いますと、後になればなるほどご近所さんに廊下や道路でバッタリ会ってしまい、挨拶に行くタイミングを失うからです。
引越しの当日は何かと忙しいですが、合間をぬって挨拶しに行きましょう。

 

手ぶらで行く方という方もいますが、お互いに初対面同士ですから手土産があったほうが印象が良いし行きやすいです。
500〜1000円程度の金額のもので構いません。
お菓子、お茶、洗剤、タオルなど消耗品が喜ばれます。

 

では、どこのお宅まで行けばいいのでしょうか?

 

一戸建ては昔から「向こう3軒両隣」という言葉があるように、自分の家の両隣と向かいの家、さらにその両隣に行きます。
あと戸建ての場合はゴミ捨ての方法や地域のお祭りへの参加など、マンションなどと違う点があります。
できれば自治会長さんにもご挨拶しておくといいかと思います。

 

マンションやアパートの場合は、上下左右の部屋の方にあいさつしましょう。
集合住宅の生活音はお互いに響きますので、少しでもイメージアップをしておきたいですね。 

 

 

粗大ごみの処分方法

 

引越し 粗大ごみ

 

引越しのとき、いらない家具や家電のひとつやふたつ出てきますよね。
新居に運ぶとまた何年もそこにあり続けてしまうので、思い切って処分しましょう。

 

ちなみに1辺が50cm以上あるものや重さが10kg以上のものは粗大ゴミです。
そしてゴミ収集車を傷つける可能性がある石油ファンヒータやストーブ、ガスコンロ、電子レンジは、大きさや重さに関係なく粗大ごみです。

 

では粗大ごみはどうやって処分すればいいのでしょう?
処分の方法はつぎの2通りがあります。

 

@回収に来てもらう方法(有料)と、A自分で持って行く方法(無料)です。

 

@回収に来てもらう方法
まず粗大ゴミの処理施設に電話で連絡をして、回収に来てもらえる日を予約します。

 

次にスーパーやコンビニで売っている「粗大ゴミシール」を買って、捨てたい家財に貼り付けます。
この粗大ゴミシールは回収手数料であり、捨てたい家財の種類によって値段が違います。

 

まら粗大ゴミ1つにつき粗大ゴミシールが1枚必要です。同じ場所に置いておいてもシールのないものは回収してくれません。
あとは指定日時までに指定場所に置いておけば、業者が回収に来てくれます。

 

A自分で持って行く方法
自分で持って行く場合でも電話での予約が必要です。
いつ何時にどんな粗大ごみをいくつ持って行くかを相手に伝える必要がありますのでメモを作っておきましょう。

 

予約した日時に粗大ごみの処理センターに持っていきます。
身分証を提示した後、車の計量を行います。

 

粗大ゴミをすてる前と後に車の重さを量り、捨てた粗大ゴミの重さを計算します。
自分で持って行く場合(個人の場合)は粗大ごみシールを貼る必要はありませんが、100kgを超えると数百円程度の手数料がかかる場合があります。

 

※粗大ごみの処分方法はお住いの自治体によってかなり違いがあるので、詳しい事は役所のホームページでご確認ください。

 

さて、粗大ごみには例外がいくつかあります。家電リサイクル法です。

 

家電リサイクル法で定められた家電は処分方法がまた違います。家電リサイクル法に定められた家電というのはエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などです。

 

これらは粗大ゴミとしては廃棄できませんので、処分したいときは家電を購入した家電量販店でのリサイクル(有料)が必要です、
もし購入したお店が近くない場合やすでに閉店してしまった場合は、お住いの自治体のリサイクルセンターに相談してみましょう。

 

 

神奈川にある主な引越し会社

 

(株)サカイ引越センター/相模原支社
252-0254
神奈川県相模原市中央区下九沢13−1
042-774-1141

 

日本通運(株)北神奈川支店
252-0331
神奈川県相模原市南区大野台6丁目1−1
042-769-7878

 

アート引越センター
251-0861
神奈川県藤沢市大庭5425−12
0466-87-0123

 

アーク引越センター(株)
226-0011
神奈川県横浜市緑区中山町305−15
03-3472-0003

 

赤帽エフアールエキスプレス
245-0051
神奈川県横浜市戸塚区名瀬町782−40
045-812-6902